7月 2018

収支の見直し

2018-07-31 未分類

マンションのドア家賃の支払いのため、消費者金融と契約を締結してお金を借りたあとは、収支の見直しを行ないましょう。そうしなければ、翌月もまた家賃の滞納というピンチを招いてしまうことになりかねません。また、借入をして家賃を払ったあとには、翌月の家賃の支払いに加えて、借りたお金の返済をする必要があります。収支の見直しを行なって無駄な支出をやめることにより、翌月の家賃の支払いと返済が楽になるでしょう。

また、収入が減ったことにより家賃の滞納という危機に直面した方は、そのままにしておけば翌月も家賃を払えなくなり、追加で融資を受けなければいけないような状態になってしまうでしょう。この場合、何か追加で仕事をしたほうが良いでしょう。副業をすることによって収入アップが見込め、家賃の支払いと返済が行ないやすくなります。

収支の見直しをした結果、お金が余るようであれば、できるだけそのお金は返済にまわしたほうが良いでしょう。毎月○日に○円返済するという約定返済のほかにも返済をすれば、その金額はすべて元金に充てられることになり、返済が早く終わります。また、約定返済とは別の返済を多く行なうことは、完済時の利息総額を安く抑えることにもつながるためおすすめです。

借入額

2018-07-05 未分類

電卓消費者金融への契約の申し込みを行ない、審査の結果、融資可能と判断されて契約を交わすことができたとしましょう。その際、家賃の金額を超える借入限度額が設定されることが珍しくありません。たとえば、家賃を支払うにはあと50,000円があれば足りるというケースでも、借入限度額が300,000円など家賃の金額を大きく上回る金額を借りることができるケースがあるのです。このような場合には、借入限度額の300,000円を借りるのではなく、家賃の支払いに必要な50,000円の借入にとどめておくことが賢明といえるでしょう。そうしなければ、あとで困ったことになってしまう確率が高まります。

限度額いっぱいまで借りてしまうと、それだけ返済がたいへんになります。50,000円であれば次の給料が入った際に一括で全額返済ということも可能でしょうが、300,000円となると一括で完済するのは困難な方は多いでしょう。返済が長期におよべば利息の支払い額が高くなり、損をしてしまいます。また、限度額いっぱいまで借りて、家賃だけでな買い物や旅行、飲食などですべて使ってしまうと、金銭感覚がおかしくなってしまう方がいます。もっとぜいたくがしたいと思い、ほかの消費者金融などに契約を申し込み、多重債務者となって返済が困難な状態に陥り、債務整理をしなければいけなくなる恐れもあります。

無利息期間

2018-07-02 未分類

給料袋消費者金融によっては、キャッシングに無利息期間を設けていることがあります。無利息期間中に全額返済してしまえば、利息の負担は0円で済む、利用者にとって損のないサービスとなっているのが特徴です。家賃の滞納を回避したあと、給料が出ればすぐに一括で全額の返済が可能というキャッシングの一時利用を希望する方にとって、都合が良いサービスといえるのではないでしょうか。

この無利息期間には知っておいたほうが良い点があります。消費者金融によって初回契約日より○日、初回借入日より○日といった具合にいつから無利息期間がスタートするのかが異なります。2週間後に家賃の支払い日を迎えるタイミングで、初回契約日より7日間無利息と設定されているキャッシングを契約した場合、家賃の支払い当日や前日に借入をすると、そのときにはすでに無利息期間が終了してしまっているのです。

キャッシングされた日の翌日から数えて7日間が無利息期間となるサービスです。例えば月曜日にキャッシングを利用し、翌週の月曜日に全額ご返済いただいた場合には、お利息はまったくかかりません。

このような失敗をしないためにも、無利息期間がいつはじまって、いつ終わるのかは、キャッシングサービスを利用する消費者金融を決めるときには各社の条件を忘れずに比較しましょう。そして無利息期間中に借入、完済までできる消費者金融を選択し、利息の負担なしで家賃の滞納を回避できることが理想的です。

家賃の滞納を回避

2018-07-01 未分類

毎月の支出の中で、最も高額なのが家賃の支払いである方は多いでしょう。家賃の滞納が続いてしまうと、さまざまな問題が起こり得ます。契約解除や強制退去を余儀なくされてしまうリスク、遅延損害金が発生し支払わなければいけなくなるリスク、家賃滞納の情報が信用情報機関に事故情報が記録されてしまうこともあります。住む家を失ったり余計なお金を支払ったりするほか、信用情報機関に事故情報が載ると、キャッシングやローン、クレジット契約などの審査で不利になってしまいます。

マンションこのままでは家賃の支払いは無理、滞納してしまうという場合、解決策としては消費者金融のキャッシングサービスの一時利用をあげることができます。これは家賃の支払いを行なう上で不足している金額を借りて、滞納を防ぐことが可能な方法です。継続して安定収入を得ている方であれば、消費者金融のキャッシングサービスを利用して家賃の支払いを済ませたあとに入ってくるお金で、一度に全額返済するようなことも可能でしょう。

当サイトでは、家賃の滞納を回避するため、消費者金融のキャッシングサービスの一時利用をするにあたり、知っておくと良い情報を掲載しています。キャッシングサービスの一時利用を検討することに決めたけれど、そのあと金銭面で損をしたくない方、消費者金融で借りたお金を楽に返したいと思っている方、二度と家賃滞納のピンチにおちいりたくない方は、別の記事もあわせてご覧ください。

アーカイブ