収支の見直し

2018-07-31 未分類

マンションのドア家賃の支払いのため、消費者金融と契約を締結してお金を借りたあとは、収支の見直しを行ないましょう。そうしなければ、翌月もまた家賃の滞納というピンチを招いてしまうことになりかねません。また、借入をして家賃を払ったあとには、翌月の家賃の支払いに加えて、借りたお金の返済をする必要があります。収支の見直しを行なって無駄な支出をやめることにより、翌月の家賃の支払いと返済が楽になるでしょう。

また、収入が減ったことにより家賃の滞納という危機に直面した方は、そのままにしておけば翌月も家賃を払えなくなり、追加で融資を受けなければいけないような状態になってしまうでしょう。この場合、何か追加で仕事をしたほうが良いでしょう。副業をすることによって収入アップが見込め、家賃の支払いと返済が行ないやすくなります。

収支の見直しをした結果、お金が余るようであれば、できるだけそのお金は返済にまわしたほうが良いでしょう。毎月○日に○円返済するという約定返済のほかにも返済をすれば、その金額はすべて元金に充てられることになり、返済が早く終わります。また、約定返済とは別の返済を多く行なうことは、完済時の利息総額を安く抑えることにもつながるためおすすめです。

アーカイブ