借入額

2018-07-05 未分類

電卓消費者金融への契約の申し込みを行ない、審査の結果、融資可能と判断されて契約を交わすことができたとしましょう。その際、家賃の金額を超える借入限度額が設定されることが珍しくありません。たとえば、家賃を支払うにはあと50,000円があれば足りるというケースでも、借入限度額が300,000円など家賃の金額を大きく上回る金額を借りることができるケースがあるのです。このような場合には、借入限度額の300,000円を借りるのではなく、家賃の支払いに必要な50,000円の借入にとどめておくことが賢明といえるでしょう。そうしなければ、あとで困ったことになってしまう確率が高まります。

限度額いっぱいまで借りてしまうと、それだけ返済がたいへんになります。50,000円であれば次の給料が入った際に一括で全額返済ということも可能でしょうが、300,000円となると一括で完済するのは困難な方は多いでしょう。返済が長期におよべば利息の支払い額が高くなり、損をしてしまいます。また、限度額いっぱいまで借りて、家賃だけでな買い物や旅行、飲食などですべて使ってしまうと、金銭感覚がおかしくなってしまう方がいます。もっとぜいたくがしたいと思い、ほかの消費者金融などに契約を申し込み、多重債務者となって返済が困難な状態に陥り、債務整理をしなければいけなくなる恐れもあります。

アーカイブ